沈黙の海(言葉)

画像


 沈黙は言葉がなくても存在し得る。けれど沈黙なくして言葉は存在し得ない。
                                『沈黙の世界』-ピカート

 私は、現代人が失いかけているのは「話しあい」などではなくて、むしろ「黙り
 あい」だと思っている。
                               『東京零年』-寺山修司



ぼくには穏やかな孤独が必要だ。
渇いた喉が水を求めるように、時にぼくの魂は孤独を求めて喘ぐ。
けれどほんとうに求めているものは孤独ではなく沈黙なのだ。
沈黙の世界を豊饒に満たす言葉の海なのだ。
饒舌のなかに言葉はない。
沈黙のなかにこそほんとうの言葉はある。
そしてほんとうの言葉こそ魂にとっての渇きを癒す水にほかならない。

人々は孤独(沈黙)を恐れるだろう。
ぼくはそれを半ば恐れ、半ば畏れている。
恐れるのは心の作用で、畏れるのは魂の作用だ。
孤独(沈黙)を恐れる心はぼくのなからも完全には消え去らないかもしれない。
それは孤立を避けようとする心の作用でもある。
けれどまたそれゆえ心は恐れから解放されることがないのではないか?

ぼくが求めるものは孤立ではなく、あくまでも孤独(沈黙)のなかの言葉なのだ
ぼくがそこから掬える言葉はあまりにも僅かで、原型を失ったものに過ぎないだろう。
けれどそれは言葉そのもの影だけは宿している。
ほんとうの言葉そのままをぼくたちが現すことなど決してできないが、せめてそこにわ
ずかにでも触れ、そこを通ってきた言葉でひとと対話することができないものか?・・・。

ぼくはひそかに、そんな夢を見る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック