春のめまい

画像



春のめまい


さくらは無限に近づき遠ざかる


(あなたの手にかき鳴らされて)


脳のなかで時間が揺れているのか
記憶のブランコを誰か揺すっているのか


さくらは夢幻のなかに散って咲き
或いはさくらのなかに夢幻を映し


春のめまい 空の彼方へと
ちぎれた映写フィルムは還っていく











この記事へのコメント

2015年04月02日 17:10
E・Gさん
お久しぶりです。
桜の季節は花の下にいるだけでめまいを起こしそうになります。
まして、散り急ぐ花の下では…
こんなに美しい時間ですもの、狂ったっていいですよね。
S子
2015年04月22日 15:32
ひらいたぺーじ。
思いがけなく、お会いできました。

あっという間に散ってしまいましたね。

悲しみだけを残して・・・
今は何も考えたくない。
記憶さえも幻惑の中です。

この記事へのトラックバック