テーマ:生死

揺れる世界で

頼りない、とはこのことか。 不動であるはずの大地がかくも無抵抗に揺らされ、津波のなかに意思を持たぬ人形のように人々が呑み込まれていく。 ひとの生に尊厳などあるのか?と改めて強く思わされた一瞬。 揺れたのは大地ばかりではない。ひとの心はそれ以上に激しく揺れた。不安と恐怖という波になすすべもなく足元を攫われたのだ。 腹だだしいほ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more