テーマ:

川の流れの果て

父が亡くなった。 臨終の時も葬儀の時も、やはり涙は流れなかった。 病院では、妹が泣いて父の遺体に取りすがっていたが、なんだか遠い光景のように視界の隅に映るだけだった。 ぼくは冷たい人間だろうか? おそらくそういうことではないのだろうと思う。 ぼくは、たぶん他の人とは死の捉え方が異なっているのだ。 いつの頃から…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more