テーマ:物語

静夜

暗闇の彼方に 幾億もの星が耀いているのだという 私が消える時 ひとつの物語が語られるだろうか 誰も気づくことのない あなただけにひらかれた本のなかで 窓辺に月が懸かる 私たちは寄り添う 魂を抱く腕が欲しいのだ
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more