テーマ:臓器移植

唯脳論の時代とたましいの行方

いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん              『論語』-孔子 娘が大きな綺麗な目をぼくに向ける 赤ん坊と同じまっすぐな視線だ。 何かをじっと見つめているとき、優しく笑っているとき、何故だかわからないが深い悲しみにうつむいているように見える時、ぼくは、娘のたましいを感じてはっとする。 娘は脳に機能障害があ…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more