テーマ:

夏の終曲

 すべての大人は、もう決してやってこない夏休みを待っている。人生の原点であり頂点でもある無時間の夏、 あれらの日々を記憶の核として、日を重ね、年を重ね、流れ始めた時間の中で繰り返しそこに立ち戻り、あれらの無垢を超えることはもうこの人生にはあり得ないのだという事実に、いまさらながら驚くのではないでしょうか。  『暮らしの哲学』-池田晶子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more