テーマ:想い

想いの器

現代の人は「夢想家」と云う語を古臭いやうに云って、そんな人間は日々に活動している居る實際の社會に一人も居ないやうな口気を漏します。けれども果たして其通りでせうか。人間はまだまだ傳習の夢を見て居て、折々にちょいと目を開いては微かに眞實の一片を見るのでは無いでせうか。 -与謝野晶子「夢の影響」 世界のはてで花は ただひとつ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

雨の横顔

君の横顔に雨が降る うつむく紫陽花の小路 小さくひらかれたくちびるに 言葉なく雨粒が打ちつけ 秘かな想いを時に閉ざす
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more